オーダーメイドのときも役立つ!ディテールの基礎知識

オーダーメイドのときも役立つ!ディテールの基礎知識

今回は、ジャケットのディテールを詳しく見ていくことにしましょう!
ディテールのデザインの違いで、印象がガラッと変わりますので、
選ぶときもこだわってみると、ワンランク上のスーツ選びができますよ。

 

 

まずはラペルから。
ラペルとは、上えり(カラー)に続く身頃の折り返し部分のことです。
下えりとも呼ばれています。
代表的な種類としては、セミピークドラペル、ピークドラペル、ノッチドラペルなどがあります。

 

ピークドラペルは、下えりの先端が上を向いてとがっているもののことです。
鋭角的なラインが出ますので、シャープな印象です。

 

セミピークドラペルは、ピークドラペルよりも少し水平にカットした下えりが特徴です。

 

ノッチドラペルは、下えりが下を向いた、もっとも一般的な形のえりを指します。
シングルジャケットに多く見られる形でもあります。

 

 

次はカフス。
一般的に衣服の袖口のことを言います。
カフスの種類としては、開き見せ、本切羽(ほんせっぱ)キッシングボタンなどがあります。
開き見せは、実際にはボタンを外すことができない、フェイクボタンのことです。
既成スーツの大半はこちらのカフスを採用しています。

 

本切羽は、実際にボタンの開閉ができるタイプ。オーダーメイドのジャケットに多い仕様です。

 

キッシングボタンは、わざとボタンとボタンが重なるようにつけられたものです。
こういうタイプは、職人の技の見せ所です。

 

 

ジャケットの後ろの裾に入った切れ込みをなんというかご存知ですか?
「ベント」と呼びます。ベントを入れることにより、動きやすく着心地の良さをアップすることができます。

 

ベントにもいくつか種類があり、センターベントは、後ろ身ごろの中央に入った切れ込みを指します。もっともベーシックな形です。

 

サイドベンツは後ろ身ごろの両サイドに切れ込みがある形のことです。
センターベントよりももっと動きやすい特徴があります。

 

フックベントは、センターベント同様、中央に切れ込みが入っていますが、
ラインがかぎ型なのが特徴です。

 

 

ジャケットには、こだわりたくなるディテールがたくさん含まれています。
ぜひ理想のジャケットを見つけるのに役立ててください☆

オーダーメイドのときも役立つ!ディテールの基礎知識関連ページ

知っておきたいスーツの基本用語
おしゃれなビジネスパンプス最前線
クライアントに愛されるベーシックスタイル【保険】
これだけあればOK!フレッシャーズのワードローブ
ザ・スーツカンパニーの美しいシルエットスーツ
スーツの上手なお手入れの仕方
トゥモローランドのエレガントスーツ
トレンドをたくさん盛り込んだコーディネートをしよう♪【広告代理店】
ナチュラルビューティーベーシックの考えるスーツ
ピンタックできちんと感♪ラッフルでフェミニンを演出♪
メーカー勤務ならフェミニンディテールに注目!【メーカー】
もしも仕事の後にパーティがある、そんな日は・・・小物アレンジできまり!
伊勢丹新宿店だけでしか手に入らない「特別なスーツ」
下半身ぽっちゃりさんタイプにはワイドパンツですっきり!
金融業界の好感度アップのドレスコードは、ずばりコンサバスタイル!【金融】
個性的なスタイルで勝負!【IT・外資系】
高身長&お痩せさんはカラートーンで優しいイメージを演出
今日はどれを着る?カットソーを使ったVゾーンコーデ
自分スタイルで個性を発揮!のスーツ【商社】
上半身ぽっちゃりさんには1つボタンスーツが最適!
接待に同席することになったら・・・そんな時のスーツ選び
素材や柄でスーツもイメージチェンジ!
喪服のマナー
体型に合うスーツを選ぶためのチェックポイントとは?
背が小さい方はモノトーンで大人目コーデ
洋服の青山・佐々木希のスーツ【n・line】
2013年のAOKIはCanペキレディスーツで決まり!