体型に合うスーツを選ぶためのチェックポイントとは?

体型に合うスーツを選ぶためのチェックポイントとは?

今回は、体型にぴったりと合うスーツを選ぶためのコツをご紹介します。

 

まずはジャケット。
1)ジャケット合わせで重要なのが、首と肩の真ん中にある第七頸椎と、
ジャケットの襟元の合わせ目をしっかりと合わせることです。
最初にここをしっかりと合わせてから、その他の部分を確認していきましょう。

 

2)次に、肩の先端とジャケットの腕の付け根にあたる袖山があっているかどうかをチェックしてください。肩の先に指1本分のゆとりがあるぐらいが望ましいです。

 

3)腕の上腕あたり、アームホールの具合を確認します。
腕を前後に動かしてみて、窮屈に感じるようであれば、アームホールがあっていない証拠。

 

4)バストの位置があっているかどうかを判断するには、ラペルがきれいに体に沿っているかどうかを見ます。サイズが小さくて突っ張っていたりしませんか?

 

5)袖は、シャツを手首の骨までの長さにセッティングし、
ジャケットからシャツがちらっと覗くぐらいの長さが望ましいです。

 

6)ベントは、背中からヒップにかけてがきついと割れてしまうので、しっかりチェックしましょう。サイズが合っていれば、ベントはしっかり重なり、ななめジワも入りません。

 

7)最後は背中をチェックします。
横から見て背骨に沿った綺麗なS字を描いているのが理想的です。

 

 

次にボトムス選びのコツです。
パンツの場合は、ウエスト、ヒップ、レッグライン、裾を見ましょう。
裾は、普段履く予定のヒールの長さ+3cmいないぐらいに長さ設定をして。

 

スカートの場合は、ウエストとヒップをしっかりと見てください。
ウエストはおへそのちょっと下、腰骨の上にウエストの芯が乗る感じにウエスト位置を調整し、
その位置でヒップに引っ張られてしわが寄っていないかをチェック。

 

ヒップは横ジワなど入っていませんか?後姿も鏡でしっかりチェックしてくださいね。

 

ジャケットもボトムスも、最後は実際に動いてみて、動きやすいかどうかを見ることが大切です。

体型に合うスーツを選ぶためのチェックポイントとは?関連ページ

知っておきたいスーツの基本用語
オーダーメイドのときも役立つ!ディテールの基礎知識
おしゃれなビジネスパンプス最前線
クライアントに愛されるベーシックスタイル【保険】
これだけあればOK!フレッシャーズのワードローブ
ザ・スーツカンパニーの美しいシルエットスーツ
スーツの上手なお手入れの仕方
トゥモローランドのエレガントスーツ
トレンドをたくさん盛り込んだコーディネートをしよう♪【広告代理店】
ナチュラルビューティーベーシックの考えるスーツ
ピンタックできちんと感♪ラッフルでフェミニンを演出♪
メーカー勤務ならフェミニンディテールに注目!【メーカー】
もしも仕事の後にパーティがある、そんな日は・・・小物アレンジできまり!
伊勢丹新宿店だけでしか手に入らない「特別なスーツ」
下半身ぽっちゃりさんタイプにはワイドパンツですっきり!
金融業界の好感度アップのドレスコードは、ずばりコンサバスタイル!【金融】
個性的なスタイルで勝負!【IT・外資系】
高身長&お痩せさんはカラートーンで優しいイメージを演出
今日はどれを着る?カットソーを使ったVゾーンコーデ
自分スタイルで個性を発揮!のスーツ【商社】
上半身ぽっちゃりさんには1つボタンスーツが最適!
接待に同席することになったら・・・そんな時のスーツ選び
素材や柄でスーツもイメージチェンジ!
喪服のマナー
背が小さい方はモノトーンで大人目コーデ
洋服の青山・佐々木希のスーツ【n・line】
2013年のAOKIはCanペキレディスーツで決まり!